千葉県いすみ環境と文化のさとセンター



   Home -> 行事・活動紹介 -> いすみ楊枝
千葉県指定伝統的工芸品
いすみ楊枝
                    製作者  高 木 守 人 氏

高木守人 氏
夷隅川に沿って肥沃な沖積地が開け、いすみ鉄道が東西に走るいすみ市(旧夷隅町)、高木さんはかつてこの町の役場に勤務した経歴を持つ。
退職後、「雨城楊枝」で知られる森光慶さんに入門し、
その後千葉県伝統的工芸品として認定され「いすみ楊枝」として活躍しています。
現在は、同じく伝統工芸品として認定されている、池田和弥さん、村杉達雄さんと共に、茶道具の花入れなども作っています。
楊枝の材料となる黒文字は、木肌の美しい香木である。
そして、「いすみ」の名にも、ひらがなならではのしなやかさが香る。

製作実演の様子

いすみ楊枝

千葉県いすみ環境と文化のさとセンターでは、千葉県伝統的工芸品に指定されている「いすみ楊枝」を、県内外に広く紹介するために毎月1回、高木守人氏らを中心にいすみ楊枝の会に実演をしていただいております。

『いすみ楊枝』 ―千葉県伝統的工芸品
日  時:毎月第3日曜日 午前9時30分〜午後4時30分
場  所:ネイチャーセンター
講  師:高木 守人 氏
いすみ楊枝の会会費:材料費など
内  容:楊枝・花入れ・茶杓作り など
→申込はこちらへ  E-Mail:youjiisumi-sato.com
(迷惑メール防止のため@を全角にしています。)

                                                                     上に戻る